薄毛を改善する|女性のコンプレックスを解決できるサイト

婦人

更年期に多い症状

髪の毛

なぜ髪が薄くなるか

女性は、閉経前後の45歳から50歳くらいになると薄毛に悩む人が急増します。その理由は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少するからです。そもそも女性ホルモンのエストロゲンは、髪に欠かせない物質です。こまめに分泌される事で、健康で艶やかな髪の毛を保つ作用が有るからです。しかし、更年期に女性ホルモンが減少すると、正常だった髪の成長期が短くなります。そして、髪が生えない休止期が長くなり、 十分に髪が育たなくなります。その結果、細くか弱い髪の毛が多くなり、髪の全体的なボリュームが減っていきます。おまけに、抜け毛が増えるので、薄毛の症状が顕著に現れるようになります。更年期の薄毛は見た目に老けて見られるので、早くに解消する事が大事です。

解消できる方法

更年期の薄毛に効果的なのは、女性用育毛剤でケアすることです。近年では、ドラッグストアなどで女性専用の育毛剤が数多く販売されています。育毛剤には、髪を育てるための栄養、血行を良くする成分が含まれています。なので、外側から直接頭皮に塗布する事で、育毛効果を得ることができます。育毛剤でのケアのポイントは、まず洗髪後の頭皮が綺麗な状態で塗布する事が大事です。汚い状態で塗布すると、有効成分が浸透しにくくなります。そして、塗布後に頭皮を優しくマッサージすることをおすすめします。マッサージで血行を促せば、育毛剤の成分が浸透しやすくなるからです。その他に、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが多い大豆を積極的にとるといいです。